風土の改革 社員さんの育成

彩りプロジェクトのホームページへようこそ

 

「そうそう、多分そんな答えになりそう。結局モチベーションがあがらないんですよね」

「共通した価値観が必要だと思います」

「従業員同士・職員同士、何を考えているかわかりません」

「社内に方針があるものの、それを守っている人なんていませんよ」

「結局、上司の言いなりになるしかないんです」

「自由な発想?そんなの必要なんでしょうか?」

「働き甲斐という言葉は死語ですね。現実は厳しいと言わざるを得ません」

「わかっているけど・・・」

「話し合う時間が必要だとは思っているんです」

「集まっても結局決まらないので、会議は無駄なものですね」

「職場風土って上司が良くしようとするものじゃないんですか?」

「後輩指導って難しいです」

「給料があがりません。このままじゃ転職も考えなくてはなりません」

「一部の人が不当に評価されていると思うんです」

「昇進の基準がわかりません」

「結局、会社は何を目指しているんでしょうね」

「それは私の役割ではないと思います」

 

上記は社員の方からよく聞く言葉です。

しかし、問いの立て方が違うものや、考え方として疑問のある意見があるものです。

職場の風土を構成するものの中に、これらの意見による自分勝手な解釈や、作り上げられた逸話が存在しています。

何が事実で何が事実ではないのか?

人間は自分の解釈を持っています。

それはそれで、すばらしい能力です。

しかし、会社組織の場合は少し調整が必要なのです。

そして、この調整においては職場風土改革により改善が可能です。

 

【職場を良くする、会社を盛り上げる】

社長やリーダーが大号令をかけるけど、なかなか組織が動かない。

そんな組織は多いと思います。

 

彩りプロジェクトは伴走型のコンサルティングを目指しています。

一緒に悩み、改善への道筋をつけていきましょう!

 

当社を利用する経営者や職場リーダーのお悩み

・組織化したい

・組織力を最大化したい

・マネジメント能力を高めたい・横や縦の関係を構築したい

・部門間の壁を取り払いたい

・社員同士のコミュニケーションを良くしたい

・自分自身の改善点に気付けていない社員を変えて欲しい

・他を威圧する社員に対して改善してもらいたい

・若手社員の意識を高めてもらいたい

・ベテランの意識改革

 

まずはご相談ください。

何に課題があるのか、お互いに理解するための打ち合わせはとても重要です。

その際に仮説を立て、それを検証していく為のきっかけに研修を導入したり、コンサルティング内容を構築したりします。

こちらの考えだけを押し付けるコンサルティングは目指しておりません。

 

画面上部にメニュー表示があります。こちらがサービス内容及び詳細、事例等のメニューとなっておりますので、クリックをお願いします。

このトップ画面下部に彩りプロジェクトの連絡先の記載がございます。ご参照ください。

ブログを更新中です(人や組織について思うところを書いています。お時間ありましたらご覧ください)

教科書に載っていない良い職場とは その62【成功や名声を独り占めしない】

【成功や名声を独り占めしない】

昔から日本にはおすそ分けの文化があります。

これは「福分け」が現代にも残っている名残です。

祝義の福を独占せずに、多くの人と分かち合うのが元もとの行為でした。

お正月に備えた鏡餅を小さく切ってみんなでいただくのも、神様の徳をわけてもらうのを目的としています。

同じように、成功や名声も皆で分かち合う様にする方が良いようです。

とかく成功や名声は人の妬みをかいます。

それも度を過ぎれば過ぎるほど増すものです。

その結果、足を引っ張られ、危害を加えられる事もあるかもしれません。

誰でも嫌な思いの一つや二つはあるものです。

ここで立ち止まって考えていただきたいのです。

その成功や名声は本当に一人の力だけで得たものなのか?

間接的でも自分を支えてくれた人はいるはずです。

家族だったり、友人、先輩、後輩、同僚、などなど。

その人たちに感謝しつつ、成功や名誉を分かち合うのです。

この考え方は日本人にはすんなり理解いただける感覚だと思います。

良い職場に必要な要素は【成功や名声を独り占めしない】事が大切です。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その61 【幸か不幸か2】

【幸せか不幸せか】は物事の結果でしかありません。

という事は、我々はどのように日々過ごすかに注力すれば良いという事になります。

【幸せか不幸せか】は必ず相手があって決まるものです。

それは、人であったり、時間であったり、場所であったりします。

【幸せか不幸せか】は必ずしも自分だけの力だけで決まるものでもなく、いくつかの偶然が関わってきます。

自分の出来る事を精一杯するしか道はなく、求めて結果が良くなるものでもありません。

こうすれば、きっとうまく行くというのも過去の経験から得られたものですが、次も必ずしもうまくいくものではありません。

結果が良くなると信じて、邁進出来る組織は働きやすいと言えます。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その60 【幸か不幸か】

うまくいかない事、うまくいく事、それらが入り乱れて自分に降りかかって来ます。

コントロール出来るのであれば、そうしたいのですが中々そうもなりません。

しかし、物事は考えようです。

【幸せか不幸せか】で言えば、それを受け入れる事でしっかりと味わう事が出来るのです。

「人間万事塞翁が馬」と言います。

これは禍福・得失が転変するという意味です。

この言葉の由来は、ある老人が飼っていた馬が突然いなくなり、なんと不幸な事かと村人が慰めました。

しかし、老人は「どうしてこれが福とならないことがあろうか」と村人と反対の事を言いました。

すると、その馬が数か月後に駿馬を連れて帰って来ました。

村人はみんなで祝いました。

しかし、老人は「どうしてこれが災いとならないことがあろうか」と言いました。

すると家は良馬のおかげで裕福になりましたが、子供が落馬し骨折してしまいました。

村人はみんなで慰めました。

しかし、老人は「どうしてこれが福とならないことがあろうか」と言いました。

やがて、戦争が起こりみな戦地に赴く中、この子供は兵役を免れ、親子ともども死なずにすみました。

これらの事から、人間の幸不幸は見極めがたいという意味を我々は学ぶ事が出来ます。

難しいのは、禍福のバイオリズムが喜びと悲しみに一致しないという事です。

【幸せか不幸せか】については、人それぞれ感じ方が違うものです。

ある一定の状態が幸せであるというのは妄想に過ぎません。

(続く)

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その59 【付き合い方】

【人との付き合い方】は千差万別です。

例えば、色々な方と交流を持ちご自分の研鑽を高める方がいらっしゃいます。

とても向上心があり、前向きで困難をも克服出来そうな感じがしてきます。

こういった方の周りには人が集まります。

一方、誰とお付き合いをするかを決めているような方もいらっしゃいます。

江戸時代、高名な学問所であった「懐徳堂」の中井履軒もその一人です。

履軒は人づきあいが苦手だとされています。

後に私塾を開き、その書斎を自然のままという意味を表す言葉を用いていました。

それが履軒の生き方だったように思えます。

一部の弟子にだけ心を開き、大いに学問の世界にのめりこんだ人物です。

恐らく履軒はお付き合いをする方を自ら選んでいたと思います。

利害関係が無く、自然のままに、自由に活動する事を目指していたので、それに見合わない方との交流を極端に避けていた節があるのです。

こちらとしてはお付き合いをしていきたい方の中にもこういった方がいらっしゃるかもしれません。

我々がこのことから学べる事は、自分の懐を広くし、様々な方と交流できる人材となる事です。

相手が自分を避けているとしたら、自分の何かに触れて、相手が交流を絶っている可能性を探るべきだと思います。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その58 【清濁併せ持つ】

「水清ければ魚なし、人智明なれば友なし」

これは福沢諭吉の言葉です。

ご存知の言葉だと思いますが、あまりに水が清潔であると、魚は身を隠す場所がなくなって、やがてそこには生息出来なくなる。

人もあまりに洞察力が鋭いと、周囲の人々は身の置き所がなくなり、やがて輩はいなくなってしまう。

極度の清廉さがあだになり、人から親しまれなくなることを言っているのです。

組織もこれに同じだと思います。あまりに清廉すぎると窮屈さを感じたり、他人の目を気にしたりして、自分らしさを出しずらくなります。

それでは、金太郎飴的な組織となり、柔軟な発想や、行動が生まれません。

清濁併せ持つ心がけを組織は持つべきだと考えます。

0 コメント

皆さまをより良い未来に導き    彩りをお届けいたします

事業

彩りプロジェクトでは、人材育成コンサルティングを通じて、お客様をより良い未来にお導きする為に、「自利利他」を行動指針に活動してまいります。

サービス

社員さん研修を通して、卓越した職場風土作りのご支援を差し上げます。

各リーダとともに風土改革を主導的にコンサルティングいたします。

お問い合わせ

info@irodori-pro.jp

 または

 TEL 090-1034-2588 まで



コンサルティング及び研修実施業種

・サービス業

・社会福祉法人

・鉄鋼業メーカー

・個人事業(ショップ展開)

・商社