風土の改革 社員さんの育成

彩りプロジェクトのホームページへようこそ

 

「そうそう、多分そんな答えになりそう。結局モチベーションがあがらないんですよね」

「共通した価値観が必要だと思います」

「従業員同士・職員同士、何を考えているかわかりません」

「社内に方針があるものの、それを守っている人なんていませんよ」

「結局、上司の言いなりになるしかないんです」

「自由な発想?そんなの必要なんでしょうか?」

「働き甲斐という言葉は死語ですね。現実は厳しいと言わざるを得ません」

「わかっているけど・・・」

「話し合う時間が必要だとは思っているんです」

「集まっても結局決まらないので、会議は無駄なものですね」

「職場風土って上司が良くしようとするものじゃないんですか?」

「後輩指導って難しいです」

「給料があがりません。このままじゃ転職も考えなくてはなりません」

「一部の人が不当に評価されていると思うんです」

「昇進の基準がわかりません」

「結局、会社は何を目指しているんでしょうね」

「それは私の役割ではないと思います」

 

上記は社員の方からよく聞く言葉です。

しかし、問いの立て方が違うものや、考え方として疑問のある意見があるものです。

職場の風土を構成するものの中に、これらの意見による自分勝手な解釈や、作り上げられた逸話が存在しています。

何が事実で何が事実ではないのか?

人間は自分の解釈を持っています。

それはそれで、すばらしい能力です。

しかし、会社組織の場合は少し調整が必要なのです。

そして、この調整においては職場風土改革により改善が可能です。

 

【職場を良くする、会社を盛り上げる】

社長やリーダーが大号令をかけるけど、なかなか組織が動かない。

そんな組織は多いと思います。

 

彩りプロジェクトは伴走型のコンサルティングを目指しています。

一緒に悩み、改善への道筋をつけていきましょう!

 

当社を利用する経営者や職場リーダーのお悩み

・組織化したい

・組織力を最大化したい

・マネジメント能力を高めたい・横や縦の関係を構築したい

・部門間の壁を取り払いたい

・社員同士のコミュニケーションを良くしたい

・自分自身の改善点に気付けていない社員を変えて欲しい

・他を威圧する社員に対して改善してもらいたい

・若手社員の意識を高めてもらいたい

・ベテランの意識改革

 

まずはご相談ください。

何に課題があるのか、お互いに理解するための打ち合わせはとても重要です。

その際に仮説を立て、それを検証していく為のきっかけに研修を導入したり、コンサルティング内容を構築したりします。

こちらの考えだけを押し付けるコンサルティングは目指しておりません。

 

画面上部にメニュー表示があります。こちらがサービス内容及び詳細、事例等のメニューとなっておりますので、クリックをお願いします。

このトップ画面下部に彩りプロジェクトの連絡先の記載がございます。ご参照ください。

ブログを更新中です(人や組織について思うところを書いています。お時間ありましたらご覧ください)

教科書に載っていない良い職場とは その86 【普通って何でしょう?】

【普通】ってなんでしょうか?

会話の中にもよく「普通は○○じゃない~」といった言葉が出て来ます。

サッカーでもこのような言葉で語られます。

「普通あそこでバックパスはしないよな」

「普通は決められるシュートじゃないよ」

「普通通らないだろ、あのパスは」

しかし、この【普通】って何を示しているのでしょうか?

【普通】の基準について考えて行きたいと思います。

会話の中で【普通】と使われる方は少し気を付けた方が良いと思います。

それは自分の常識を相手に押し付けている事になるかもしれないからです。

それら【普通】に関していえる事は、個人的な感覚、つまり何を信じているか、何を望んでいるか、どんな経験をしてきたかに由来しています。

人それぞれ理解の仕方が違いますが、それは全て主観的です。

自分のライフスタイルなどに合うように解釈している事がほとんどです。

ここで大事な事は、有益なものか無益なものかという事です。

心理学に「共通感覚」と言う言葉があります。

これは、社会にとっても個人にとっても有益なものの事を言います。

こういった概念から考えると、社会にとって無益なものは、私的理論と言えますし、有益なものは共通感覚と言えるでしょう。

共通感覚は100人いたら90人が納得しそうな理解や認識と言えます。

これらの事を理解した上で、あえて常識に挑む事は自分を成長させるチャンスとも言えます。

皆さんは物事の考え方が鍛えられる経験をしたことがあると思います。

【普通】が【普通】で無いと考えた瞬間に、組織にはイノベーションが生まれるのかもしれませんね。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その85 【勇気づけの文化】

組織には【勇気づけの文化】が欲しいものです。

勇気づけとは「君なら出来る」とやる気にさせると同時に相手に「ポジティブな印象」を与えるものとなります。

では具体的にはどのように行えば良いのでしょうか?

言葉としては「もっと頑張れ」「君なら出来る」といった叱咤激励をイメージ出来ると思います。

勇気付けとはそんな単純なものなのでしょうか?

今回はそこを考えて行きたいと思います。

本当の【勇気づけ】とは、マイナスをプラスに作用させるのではなく、あくまでプラスを見つけて積極的に評価するというものです。

具体的には、「その人の価値を認める」(存在している自体に価値があると伝える)。

その人の価値と行動を分ける事、「私はあなたの事が好きです。しかしあなたのしている事は好きではありません」。

自分自身で問題解決が出来る人と信じる事。

その人の失敗を受け入れる(ミステイクであり、リテイクが可能であるという事)。

小さな努力や頑張りを認める事。

小さな成功に注目する事。

再チャレンジを促す事。

過程や方法に注目する事。

上記をながめるとこういった【勇気づけ】とは、普段から行う事のように感じます。

何か事が起こった時に行うのが【勇気づけ】では無く、普段の何気ない会話の中から育まれていくものだと思います。

これが【勇気づけの文化】を提唱したい理由です。

こういった組織は強く成長していくと思います。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その84【変外の変】

【変外の変】とはよく言ったものです。

例え話です。

畑の中に木がありました。

その上にセミがとまっていました。

セミは甲高い鳴き声を出しながら、木のつゆを飲もうとしていました。

自分の後ろにカマキリがいるとも知らずに・・・。

カマキリはそのセミを取ろうとして身構えていました。

その傍らには雀がいるとも知らずに・・・。

雀は首を伸ばしてカマキリをついばもうとしていました。

遠くから漁師に狙われている事を知らずに・・・。

この3者は目の前の利益を得る事に夢中で、自分の身に危険が迫っている事に気が付いていないのでした。

人間社会もこれと同じではないでしょうか。

現実は人間の知恵をはるかに超えています。

思いがけぬ事態に物事が進展する事も少なくありません。

そうなると人智ではいかんともしがたいと思います。

こざかしい知恵を使って、他人に罠をしかけたつもりが、実は別の所から自分が罠をしかけられている事もあるかもしれません。

それは、例に出てくる、カマキリや雀と何ら変わりません。

予想外の上にも予想外の出来事。

自然と人生には時にこういった事が起きます。

良い職場には【変外の変】について、陥らないような教育が施されています。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その83【信じる】

自分だけは誠実でありたいと人は思うと思います。

しかし、振り返ってみると誠実では無かったという事にふと気づく事があると思います。

例えば、人を信じると言う行為でもそれを考える事が出来ます。

我々、特に日本人は性善説で生きている事が多いと思います。

もっとも、現実の世界はさまざまな悪事・悪人に満ちています。

悲惨な事件も毎日のようにテレビで見かけます。

しかし、まず人を信じようとする心はそれだけで美しいと感じます。

裏切られる事や、どんなに試みても相手に心が通じない事もあると思います。

それでも【信じる】。

それ自体が美しい誠の心だと思います。

だから、たとえ相手が自分と同じように誠実では無くても、とにかく相手を信じてみたいという時点で、少なくとも自分だけは誠実であったと評価できると思います。

これに対して、はじめから人を疑ってかかるのは、世の中の悪事を警戒してのことです。

確かに、お人好しでは、この世を渡っていくことは出来ないと思います。

特にこれまで人を信じて痛い目にあった人はなおさらです。

しかし、人を疑うというのは、相手に対する信頼をはじめから放棄していると言えます。

それは言い換えれば、心の誠実さを捨て去り、自らを偽りの世界に導いていくのだと思うのです。

世の中の全てを信じれなくなってしまっては、いったい何を心の拠り所にして生きていけばいいのでしょうか。

それでも【信じる】。

あなたの職場は【信】じていますか?あなたの事を、皆さんの事を。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その82【中庸】

何事にも【中庸】はよろしいようです。

中庸というと言葉の印象は、あいまいな感じがしますが、絶妙なバランス感覚が無ければ本当の中庸ではない様です。

この世の中で生きていくには、世間と同化しすぎてはいけません。

しかし、あまりに異質過ぎてもいけません。

事業を興すときにも同じで、人に嫌がられるようであっては全く話になりませんが、また喜ばれるばかりでもいけません。

仕事は社会活動なので他人との協調が必要です。

しかし、慈善事業で人を喜ばせる訳ではないので、仕事で成功しようと思えば、他人とは異なる努力をしなければなりません。

事業はある種の戦いだからです。

絶妙なバランス感覚の上に立ってこそ、自分の生き方も見えてくるのかもしれませんね。

良い職場にはこの【中庸】をお勧めしています。

0 コメント

皆さまをより良い未来に導き    彩りをお届けいたします

事業

彩りプロジェクトでは、人材育成コンサルティングを通じて、お客様をより良い未来にお導きする為に、「自利利他」を行動指針に活動してまいります。

サービス

社員さん研修を通して、卓越した職場風土作りのご支援を差し上げます。

各リーダとともに風土改革を主導的にコンサルティングいたします。

お問い合わせ

info@irodori-pro.jp

 または

 TEL 090-1034-2588 まで



コンサルティング及び研修実施業種

・サービス業

・社会福祉法人

・鉄鋼業メーカー

・個人事業(ショップ展開)

・商社