風土の改革 社員さんの育成

彩りプロジェクトのホームページへようこそ

 

「そうそう、多分そんな答えになりそう。結局モチベーションがあがらないんですよね」

「共通した価値観が必要だと思います」

「従業員同士・職員同士、何を考えているかわかりません」

「社内に方針があるものの、それを守っている人なんていませんよ」

「結局、上司の言いなりになるしかないんです」

「自由な発想?そんなの必要なんでしょうか?」

「働き甲斐という言葉は死語ですね。現実は厳しいと言わざるを得ません」

「わかっているけど・・・」

「話し合う時間が必要だとは思っているんです」

「集まっても結局決まらないので、会議は無駄なものですね」

「職場風土って上司が良くしようとするものじゃないんですか?」

「後輩指導って難しいです」

「給料があがりません。このままじゃ転職も考えなくてはなりません」

「一部の人が不当に評価されていると思うんです」

「昇進の基準がわかりません」

「結局、会社は何を目指しているんでしょうね」

「それは私の役割ではないと思います」

 

上記は社員の方からよく聞く言葉です。

しかし、問いの立て方が違うものや、考え方として疑問のある意見があるものです。

職場の風土を構成するものの中に、これらの意見による自分勝手な解釈や、作り上げられた逸話が存在しています。

何が事実で何が事実ではないのか?

人間は自分の解釈を持っています。

それはそれで、すばらしい能力です。

しかし、会社組織の場合は少し調整が必要なのです。

そして、この調整においては職場風土改革により改善が可能です。

 

【職場を良くする、会社を盛り上げる】

社長やリーダーが大号令をかけるけど、なかなか組織が動かない。

そんな組織は多いと思います。

 

彩りプロジェクトは伴走型のコンサルティングを目指しています。

一緒に悩み、改善への道筋をつけていきましょう!

 

当社を利用する経営者や職場リーダーのお悩み

・組織化したい

・組織力を最大化したい

・マネジメント能力を高めたい・横や縦の関係を構築したい

・部門間の壁を取り払いたい

・社員同士のコミュニケーションを良くしたい

・自分自身の改善点に気付けていない社員を変えて欲しい

・他を威圧する社員に対して改善してもらいたい

・若手社員の意識を高めてもらいたい

・ベテランの意識改革

 

まずはご相談ください。

何に課題があるのか、お互いに理解するための打ち合わせはとても重要です。

その際に仮説を立て、それを検証していく為のきっかけに研修を導入したり、コンサルティング内容を構築したりします。

こちらの考えだけを押し付けるコンサルティングは目指しておりません。

 

画面上部にメニュー表示があります。こちらがサービス内容及び詳細、事例等のメニューとなっておりますので、クリックをお願いします。

このトップ画面下部に彩りプロジェクトの連絡先の記載がございます。ご参照ください。

ブログを更新中です(人や組織について思うところを書いています。お時間ありましたらご覧ください)

教科書に載っていない良い職場とは その81【道徳心】

「どうしても良い所に目がいかないで、悪いところにばっかり目がいってしまいます」

このようなお悩みを打ち明けられるリーダーの方がいらっしゃいます。

確かに、人の悪いところや良くないところには目がいってしまいがちですね。

我々の悪い癖ともいえるかもしれません。

しかし、このままでは慕われるようなリーダーには決してなれません。

「私は慕われたくない」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった方がリーダーである限り成果がより上がる組織にはなりませんと申しておきます。

次の事に注意して行動していきましょう。

小さな過失、プライバシー(非常にセンシティブな事など)をあばかず、人の過去の悪事をいつまでも覚えていない事です。

この3つが守れれば、自分の【道徳心】を養う事が出来ます。

【道徳心】に必要な要素として上記3つはベースになるものです。

また、これらを知っている事で余計な危害を避ける事にもつながる事でしょう。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その80【事中事外】

【事中事外】という言葉があります。

大波が天に届くほどである時に、船の中の人はその恐ろしさを知る事はありません。

船の外にいる人が胆も冷やす事でしょう。

酔っ払いが宴席でどなりちらしているときに、その座にいる人は気にかけませんが、座の外にいる人は「うるさいな~」と舌打ちしているものです。

だからリーダーは体は事の渦中にあっても、心は事の外におくように努めなければならないという事です。

自分を相対化する事はとても難しいと思いますが、【事中事外】を常に頭においておく事で、行動も変わってくるのでしょう。

良い職場にも必要な条件だと思います。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その79「心のバランス」

あまりに忙しすぎると、本来の思いを見失う事があります。

では、暇な方が良いのか?

それはそれで難しい状態だと思います。

何より自己規制が出来なくなってきます。

だらだらと過ごす事が多くなるのです。

自分を拘束する忙しさがあるからこそ、人は正しく生きていけるのだと思います。

【心のバランス】をとる事。

それは時間的な要素と情緒的な要素の組み合わせだと思います。

良い組織では、【心のバランス】を取る事に注力しています。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その78【盈満の咎】

器になみなみとつがれた水があるとします。

表面張力でぎりぎりまで水が入っています。

もう一滴しずくを落とすだけであふれ出てきそうです。

富や名声を得た人はその一滴を加えないように注意しなければなりません。

一方、ものの重さで今にも折れそうな木の枝があるとします。

あと一押しすれば、ぽきりと折れてしまいそうです。

そのような差し迫った危険に身を置いている人はそのひと押しを加えないように注意しなければなりません。

普通の状態であれば水の一滴ぐらいなんでもないし、一押しぐらいではびくともしません。

しかし、今にもあふれそうな時、今にも折れそうな時にはその一滴、一押しが致命傷になりかねません。

【盈満の咎】(えいまんのとが)と言う言葉がありますが、組織も極点に達する状態は災いをもたらすかもしれません。

器が小さくなったら、更に大きくすればいいじゃないか?

枝が折れそうになったら、新たな太くて大きな枝を探したらどうだ?

と思われるかもしれません。

しかし、上記の例は、富や名声や危険な状態を例としています。

これは「自社や自分にそれを集めすぎない戒め」だと思います。

「自利利他」とも通じる考え方です。

【盈満の咎】に陥らないようにしたいものですね。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その77【発見】

気持ちが動揺していると、様々な雑念が見えたり聞こえて来ます。

それに対して殺気立ってしまう事もあります。

雑念がおさまると、気持ちも穏やかになり、新しい【発見】が出来るものです。

しかし、現代では気持ちが収まる暇も無いというぐらい時間に追われます。

携帯電話やメールは便利なのですが、相手の時間的要求がとても高まっているのを感じます。

相手が携帯電話に出ないと苛立ちを覚える人がいます。

それは自分の要件が伝えられなかったり、疑問が解決出来なかったりするからです。

動揺して、相手に対して不徳な態度を取ってしまうかもしれません。

ついには殺気立つことにもつながります。

では、時間に追われる現代ではどのように雑念をおさめていけばいいのでしょうか?

答えは2つです。

一つは、準備です。

実は準備にも多くの時間を要求されますが、コアタイムをずらす事で自分を身軽にする事が出来ます。

こちらから働きかけるという事も準備です。

相手から連絡が来そうな事柄を先回りし、自分で時間をコントロールしたいものです。

もうひとつは、放つです。

自分で抱えすぎないという事です。

うまく仕事を割り振る事が出来る方はこの方法の方が現実的です。

良い職場では、雑念を取り払い、新しい【発見】につながるような仕事が出来ています。

0 コメント

皆さまをより良い未来に導き    彩りをお届けいたします

事業

彩りプロジェクトでは、人材育成コンサルティングを通じて、お客様をより良い未来にお導きする為に、「自利利他」を行動指針に活動してまいります。

サービス

社員さん研修を通して、卓越した職場風土作りのご支援を差し上げます。

各リーダとともに風土改革を主導的にコンサルティングいたします。

お問い合わせ

info@irodori-pro.jp

 または

 TEL 090-1034-2588 まで



コンサルティング及び研修実施業種

・サービス業

・社会福祉法人

・鉄鋼業メーカー

・個人事業(ショップ展開)

・商社