風土の改革 社員さんの育成

彩りプロジェクトのホームページへようこそ

 

「そうそう、多分そんな答えになりそう。結局モチベーションがあがらないんですよね」

「共通した価値観が必要だと思います」

「従業員同士・職員同士、何を考えているかわかりません」

「社内に方針があるものの、それを守っている人なんていませんよ」

「結局、上司の言いなりになるしかないんです」

「自由な発想?そんなの必要なんでしょうか?」

「働き甲斐という言葉は死語ですね。現実は厳しいと言わざるを得ません」

「わかっているけど・・・」

「話し合う時間が必要だとは思っているんです」

「集まっても結局決まらないので、会議は無駄なものですね」

「職場風土って上司が良くしようとするものじゃないんですか?」

「後輩指導って難しいです」

「給料があがりません。このままじゃ転職も考えなくてはなりません」

「一部の人が不当に評価されていると思うんです」

「昇進の基準がわかりません」

「結局、会社は何を目指しているんでしょうね」

「それは私の役割ではないと思います」

 

上記は社員の方からよく聞く言葉です。

しかし、問いの立て方が違うものや、考え方として疑問のある意見があるものです。

職場の風土を構成するものの中に、これらの意見による自分勝手な解釈や、作り上げられた逸話が存在しています。

何が事実で何が事実ではないのか?

人間は自分の解釈を持っています。

それはそれで、すばらしい能力です。

しかし、会社組織の場合は少し調整が必要なのです。

そして、この調整においては職場風土改革により改善が可能です。

 

【職場を良くする、会社を盛り上げる】

社長やリーダーが大号令をかけるけど、なかなか組織が動かない。

そんな組織は多いと思います。

 

彩りプロジェクトは伴走型のコンサルティングを目指しています。

一緒に悩み、改善への道筋をつけていきましょう!

 

当社を利用する経営者や職場リーダーのお悩み

・組織化したい

・組織力を最大化したい

・マネジメント能力を高めたい・横や縦の関係を構築したい

・部門間の壁を取り払いたい

・社員同士のコミュニケーションを良くしたい

・自分自身の改善点に気付けていない社員を変えて欲しい

・他を威圧する社員に対して改善してもらいたい

・若手社員の意識を高めてもらいたい

・ベテランの意識改革

 

まずはご相談ください。

何に課題があるのか、お互いに理解するための打ち合わせはとても重要です。

その際に仮説を立て、それを検証していく為のきっかけに研修を導入したり、コンサルティング内容を構築したりします。

こちらの考えだけを押し付けるコンサルティングは目指しておりません。

 

画面上部にメニュー表示があります。こちらがサービス内容及び詳細、事例等のメニューとなっておりますので、クリックをお願いします。

このトップ画面下部に彩りプロジェクトの連絡先の記載がございます。ご参照ください。

ブログを更新中です(人や組織について思うところを書いています。お時間ありましたらご覧ください)

教科書に載っていない良い職場とは その72 【劣等感】

人間の感覚は非常におもしろいものです。

大なり小なり【劣等感】というものを我々は持っています。

このとらえ方が人それぞれです。

【劣等感】がないという方は恐らくそれを正しく認識できていないと思います。

また劣っているという事が何に対してなのかも議論が分かれる所です。

最低限度の活動を出来る状態に対してなのか、世の中の平均値に対してなのか、当面のライバルに対してなのか、あるいは目標とする自分に対してなのか、その基準は人それぞれでしょう。

しかし、この劣っているという感覚を主観的に認識することによって、人は成長するチャンスを与えられると思うのです。

【劣等感】が無くなった時に人はその成長をやめてしまいます。

他社を見学して良い所を見たりして、自社とのあまりにも違い様に頭をハンマーで殴られたような衝撃を受ける事があります。

この瞬間にも【劣等感】に似た感覚を得られます。

やはりそういった気付きを得ていく事は良い職場には重要な要素となるでしょう。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その71【不満が人を前進させる】

【不満が人を前進させる】会社経営にもうまく取り入れられたら良いと思います。

不満があるから、改善意識があがる事は説明するまでもありません。

経営者が先回りして、不満を排除するよりも、当事者に不満を改善する方法を考えてもらう事は大変素晴らしい取り組みです。

また、人に対する不満であっても、冷静に受け止める事が出来たら、自己の成長にもつながります。

社長やリーダーの片腕にはイエスマンをおかないというお話は良く耳にします。

自分の成長の為にも必要な、諫言は正しく受け止めたいものですね。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その70【共同体感覚】

【共同体感覚】という言葉をご存知でしょうか。

心理学的表現と言えるこの言葉の意味を考えていきたいと思います。

言い換えれば「幸福感」とも言えます。

つまり、人は自分の事を貢献する事が出来る存在だと信じ、自分の生活に安全を感じ他者に危害を加える事無く、居場所があり、価値があると感じる事で「幸福」を感じるという事なんです。

この3つが揃っていなければ「幸福感」からはかけ離れて行きます。

貢献する気持ちがなければ、王様的に独善的になってしまいます。

安全感が不足していると、他者(社)を押しのけてでも安全を確保しようとするでしょう。

さらに自分自身に価値を感じられなければ、何事にも勇気を持ちえないと思います。

結果、3つが揃わなければ「幸福感」を得られません。

これら3つを備える事を【共同体感覚】を備える事になるのです。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その69【むさぼらない】

人はほんの少しでも欲張る心を抱くと強い心も弱くなり、知恵も濁り、恩愛も残酷なものとなって清らかな心も汚れてしまい、一生の品格を壊してしまいます。

だから昔の人は、【むさぼらない】という事を宝としました。

昔の中国でこのような逸話があります。

大きな宝石が採れたのでこれを領主に献上しようという事になりました。

しかし領主はこのように言ったのです。

「私は貪らないという事を宝としています。あなたは宝石を宝としています。もし私に宝石を渡せば両方とも宝を失ってしまいます。それぞれがそのまま宝を持っていた方が良いと思います。」

利欲のうずまく昔の中国社会ですばらしい高潔な態度だと思います。

その後の後日談もすばらしいんです。

困った村人は領主に泣きつきます。

「このままこのような宝石を持っていても盗賊に狙われるだけです。助けて下さい。」

領主は「では私の側にしばらく暮らしなさい。この宝石を出来るだけ高く売れるように協力しましょう」

やがて、宝石は高く売れて、村人は領主の側で金持ちとなり、事業を興し発展させてから、村に帰っていったとの事です。

我々の生活の中にも誘惑はあふれています。

しかし、わずかな欲が人間の品位を落としてしまうのでしょう。

たった一個の宝石を受け取る行為が、次々と大切なものを奪って行く結果となり、一生の品位が台無しになってしまう事を説いた物語は現代にも大きな教訓とする事が出来るはずです。

良い職場にも【貪(むさぼ)らない】という精神が必要です。

0 コメント

教科書に載っていない良い職場とは その68【イエスマンをおかない理由】

孔子は、「志学」「自立」「不惑」「知命」「耳順」という各年代における心境を語りました。

このうち60歳の心境を語った「耳順」は奥深いものです。

なかなか到達できるものではなさそうです。

耳に入ってくるさまざまな言葉、目に見えるさまざまな映像、心に響いてくるさまざまな事象はむしろ不快である場合が多い。

それらがすっと入ってくるためにはよほどの修練が必要なのでしょう。

しかし、少し発想を転換すると貴重な人生の糧になることもあるでしょう。

「良薬は口に苦し」

一見不快なものが人を助け、人を成長させていくのだと思います。

これらが、社長やリーダーの補佐には【イエスマンをおかない理由】になります。

ただしなんでもかんでも社長やリーダーの言っている事を批判や否定をしていては、それは無責任な評論家でしかありません。

しっかりと会社が進むべき道を共有している良い右腕を社長やリーダー補佐としたいですね。

0 コメント

皆さまをより良い未来に導き    彩りをお届けいたします

事業

彩りプロジェクトでは、人材育成コンサルティングを通じて、お客様をより良い未来にお導きする為に、「自利利他」を行動指針に活動してまいります。

サービス

社員さん研修を通して、卓越した職場風土作りのご支援を差し上げます。

各リーダとともに風土改革を主導的にコンサルティングいたします。

お問い合わせ

info@irodori-pro.jp

 または

 TEL 090-1034-2588 まで



コンサルティング及び研修実施業種

・サービス業

・社会福祉法人

・鉄鋼業メーカー

・個人事業(ショップ展開)

・商社